鈍色 den/nibiiro








名無し
 「とりあえずは名刺作っちゃえばいいのよ」
といわれたのは もう何年前になるだろう。
「出展に際し 作り手のわかる名刺、ショップカードの提示をすること」
ショップカードとは?

布にはタグはありません。
洗い染め重ねて寝かせてまた洗い。
その時の風合いとその時の色。

絵にサインを入れない画家さんは誰だったでしょうか。
いつまでも「完成」ではないからだったでしょうか。

そのままの布はなににでも姿を変え
旅立った先で色深くなっていきますように

なんて言い訳かもしれませんが

小さな端布がどこからきたか
大きな薄布がどんなふうに風の中をおよいでいたか

ひとつひとつお話ししながらお渡しできるとよいなと思います。

でも
少し興味がおありでしたら
ここへも迷い込めるように
ときどき小さく言葉並びを変えながら
小さな紙片置いています。

もし名無しのものをお探しでしたら。





雑記 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://nibiiro1010.jugem.jp/trackback/161
<< NEW | TOP | OLD>>