鈍色 den/nibiiro








/


たまには駅から歩こうかと

工房に向かう道には
森の遊歩道と穂をふくらませ始めた
緑の田んぼがありました。

田舎では田んぼのあいだを
自転車でつっばしっていたはずなのに
実は友達、親せきも土のひとはいなくて
田んぼに初めて入ったのは東京にきてからさらに十数年たっての話

いまどきのこどもって切り身で魚が泳いでるって思っているらしいよなんて
おとなのつもりのひとは笑うけれど
お米って人が耕して種まいて作ってるって
本当のところどのくらいのひとが知ってるんだろうって
そんなこと考えて歩いてみたり…


でもやっぱり暑すぎた
次、歩くのは秋にしよう。


散歩 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>